blog index

相続相談ステーション 岡山センター

相続・後見救急箱。日々お客様からご相談・ご質問いただいた相続・後見業務に関する問題・トピックスを掲載いたします。
<< 平成22年10月から会社を解散したときの税金について改正があります。 | main | 墓地の単位について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
子供を勘当したいので遺言を作りたい・・・との依頼がありました。
 

現在の法律では「勘当」という制度はありません。ですから遺言に勘当すると書いても意味がないのです。勘当という内容は財産を一切承継させないという財産的なことと、親戚づきあいもしないということが一番のポイントでしょう。財産的なことであれば、遺言を書いて別の者に相続(遺贈)させればいいでしょう。しかし、遺留分だけはどうしても残ってしまいます。遺留分までもなくしてしまいたいとなると、相続人から廃除しないといけません。

しかしこの制度は家庭裁判所に申立てが必要で、遺留分を有する推定相続人が、被相続人に対して虐待をし、もしくはこれに重大な侮辱を加えたり、または推定人に著しい非行がないといけません。

 

石原一成司法書士法人 代表社員 石原一成

| i-ishihara | - | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:05 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sss-okayama.jugem.jp/trackback/112
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

bolg index このページの先頭へ