blog index

相続相談ステーション 岡山センター

相続・後見救急箱。日々お客様からご相談・ご質問いただいた相続・後見業務に関する問題・トピックスを掲載いたします。
<< Webで転居届 | main | 平成21年12月に改正農地法が施行されます。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
特別受益証明制度について
 

特別受益証明書とは、亡くなった方の相続について、亡くなった方からすでに相続分相当の財産の贈与を受けているので相続する相続分がないことを証明した文章です。

 

特別受益証明書をつかえば、相続放棄遺産分割協議の手続きを経ることなく、簡便に相続の登記ができるのです。実際に亡くなった方から生前に相当の贈与を受けていれば何の問題もないのですが、実際には相当の贈与がないのに手続きを簡略化するためだけ特別受益証明書を使うと後になって特別受益証明書の効力が争われ、その有効性を否定されることもあります。

 

父が亡くなり母と未成年の子供が相続人の場合、法定代理人である母は未成年者の特別受益証明書を作成することは出来ます。しかし、実際に相当の贈与がなかったのであれば裁判所で特別代理人を選任した上で遺産分割協議をするべきですね。

 

石原一成司法書士法人 代表社員 石原一成

| i-ishihara | - | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:41 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://sss-okayama.jugem.jp/trackback/87
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

bolg index このページの先頭へ